HIMAZINE

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIMAZINE

暇な美容師の奇行

フリーランスの美容師が今話題の「サロカリ」を使ってみた体験談

こんにちは、暇な美容師KOH(@Luck81O)です。

21歳で大手ヘアサロン(というかHair&make EARTH)にて被正社員雇用に終止符を打ち独立。東京を拠点にフリーランサーとしてヌルヌルと活動しております。

フリーランスの美容師というと美容室の一席をレンタルして自身の顧客を施術することがスタンダードな業務内容ですが、僕自身はシェアハウスを運営したりWebライターをしたり、業務内容においてはノンジャンル、ボーダーレスなスタイルをとっています。

まとめると何でも屋さんといったところなのですが、今回は『美容室の席をレンタルする』という部分で画期的な新サービス『サロカリ』がローンチされたので『スタンダードなフリーランスの美容師』として早速使ってみました。

目次

サロカリとは

Photo by synapse

サロカリの名前の由来はヤドカリのようにサロンを借りること。ここでいうサロンとはヘアサロンの一席を指します。

サロカリは形態としてオンラインサロンの形をとっており、登録したサロカリプレイヤーは全国のサロカリパートナーサロンを利用することができ、ハサミひとつで全国どこでも施術することができます。 遠くに離れて住んでいる親戚や友人のもとへ出張したり、出産を機に美容師を退職し地元へ戻ったママさんも、再就職せずとも以前の顧客様のヘアーを施術することができます。

また、サロカリのオンラインサロンでは代表の桑原淳氏によるSNS運用やSEO対策などの情報が限定公開されています。

出張先の決定

f:id:coco-luck81:20161013002432j:plain

Photo by hideyuki KAMON

今回の行き先は大阪。きっかけは完全なる思いつき。大阪に住んでいたこともありませんし、遊びに行ったことも2回くらいしかありません。東京の顧客が引っ越して現在大阪に住んでいるなんてこともありません。そんな縁もゆかりも薄い大阪という地で、果たして予約は入るのでしょうか。

不安でしかありませんが、やってもいないのに無理と決めつけるのもダサいので決行。ブログで告知したのが前回の記事でした。

www.himazine.me

ブログで告知したものの、待っていたら予約が入るほど見知らぬ土地は甘くないので、何人かには直接メッセージを。「よかったら髪やりにきてください」どころか「ぼくがあなたを綺麗にしたいから来てください」くらいの完全に自分本位な姿勢で声かけをしたら案外乗ってくれました。 さすがです。大好きです。

サロカリしてみた

f:id:coco-luck81:20161012221336j:plain

Photo by photo-AC

この日は日曜日。正社員として働く美容師さんは午前7時〜9時には出勤して忙しい1日を過ごすのでしょう。

ぼくもできれば朝から晩まで忙しければ良いのですが、なんせ予約は夕方から。アラームも設定せず、10時頃に適当な起床。なれない新幹線で外国人に包囲され、まるで海外旅行気分です。

思いのほか早く到着したので大阪城をランニング。

しっかり疲れて仕事へのモチベーションがしっかり下がったところからの、始業です。日曜日の美容師がこんな感じでいいのでしょうか。ほどほどに将来が不安です。

そしてお仕事の時間。今回席をお借りした美容室と、足を運んでくれた方々をご紹介します。

Hair&Make Sage [サージュ]

Photo by hm-sage.com

今回サロカリしたサロンは東心斎橋にあるHair salonとMake-up salonの融合した美容室Sage。女性オーナーの佐名さんは元気モリモリでアシンメトリーのショートヘアーが印象的な素敵な方。

当然ですが大阪の美容室は関西弁が飛び交っていて、東京の美容師にとってはなんだか新鮮です。佐名さんもお客さんもいつ息を吸っているのか疑問に思うくらいずっと喋っています。

この日来てくれた神様は心斎橋で15minutesというBarを営む千尋さん。東京の高円寺で呑んだくれ生活をしていたらお酒の縁でここまで繋がりました。人柄が最高でなんといっても美人な千尋さん。そんな千尋さんのもとには全国からファンが訪れます。

ぼくも大坂に来たら必ず立ち寄る15minutes。旅好きの集まる心斎橋の隠れ家15minutesにみなさんも是非足を運んでみてください。なお、千尋さんは彼氏募集中です。

15minutes-Facebook Page

そしてもう一人はジョン。もともと高円寺の同じシェアハウスの住人で同い年ということもあり、なんだか波長の合うお友達。夏の間、ずっとタイの南の島、タオ島でDMTというダイビングのプロライセンスを取得しに行っていて、きっと髪の毛のびのびで帰国しただろうと思い声をかけてみたら思いのほか伸びていませんでした。もうすこしスケベになるべきではないでしょうか。

遠くの京都から出てきてくれて、ありがたい限りです。ジョンも当ブログと同じはてなブログを(たまに)書いてます。

jooooohn.hateblo.jp

Style Salon-Ki:lala キララ

Photo by ki-lala.net

なんとこの日はサロカリ史上初であろう『ハシゴ』という技を。いろんなお店に行ってみたかったことや、来てくれる人のアクセスや、パートナーサロンの営業時間を踏まえたら、ハシゴが得策でした。

1日(しかも夕方以降)というタイトなスケジュールな中でも融通が気開かせられるのは大阪市内にパートナーサロンが複数店舗あるおかげです。

こちらはStyle Salon-Ki:lalaのオーナー藤川さん。最終受付時間間際の利用となりましたが、心よく受け入れてくれました。なんといってもこのサロン、めちゃくちゃ広いです。すさまじい開放感!

運動会後に来てくれたのは、いとこのミサちゃんとそのママンである親戚のおbお姉さん。女子力溢れる親子はキラキラしていて眩しい限りです。

昔から成長を見守ってくれて応援してくれていた親戚にこうやって修行の成果を発揮できたことは自分としても大変嬉しく、心温まるひと時でした。

サロカリを使ってみて

f:id:coco-luck81:20161013010149j:plain

  • 一箇所でじっとしていられない

  • 全国各地に大好きな人がいる

  • 店舗に属したくない、持ちたくない

  • 旅するように働きたい

そんな僕にとってこのサービスは実際に利用してみて実に有効的なものでした。あくまでサービスとしてのサロカリなので、それを活かすもころすも自分次第。当たり前のことですが、基盤となるシステムを自分に合うように組み立てるのがサロカリの本筋かと考えます。

「サロカリってどうやって使えばいいの?」という質問はナンセンスでしょう。僕には僕の、あなたにはあなたのサロカリの使い方があります。

数字的観点

ミラーレンタルをする上では、もちろんマンツーマン施術なので僕の場合1日の施術できる最大人数は5〜7人ほど。5人来てくれたら120点だと思っていましたが、最終的には4名の方が来てくれました。 大型店で勤務する人にはこの人数がなかなか感覚的に慣れないかもしれませんが、マンツーマンがゆえに集客のハードルは低いので、正直大阪が地元なら3日は連続で予約が埋まるでしょう。

感情的観点

遠くの友人や親戚は僕たち美容師が鍛錬を重ねてきた背景を知っている人が多いでしょう。きっと皆が皆、遠くから応援してくれていたと思います。中には親戚から学費の援助をしてもらった方もいるのではないでしょうか? 前述とも重複するようですが、やはり応援してくれたひとに「東京でここまで育ちました」と、成果を披露できることは互いの喜びに繋がることに違いありません。

しかし、反面デメリットとしては、しょっちゅう出張出来るわけではないので、気てくれるお客さんサイドがどうしても気を使って来店周期を合わせなきゃならない部分が解決することのない問題です。 僕は今回予定が合わなかったひとも何人かいたので来月また出張する予定ですが、その時ちょうど髪がきになる頃かというとそんな出来た話はありませんし、再来月の12月は出張できそうにありません。(マラソン大会に出場するから)

サロカリ入会方法

サロカリは2つの会員コースによって料金が異なります。自身の目的に沿って選ぶと良いでしょう。入会審査までの所要時間は3〜5分。

月額料金1000円

月額料金2000円

※記事公開時、パートナーサロン入会に関しては『高知、仙台、沖縄』の3都市のみの募集となっています。ぼくが沖縄に出張したいので沖縄のオーナーさんは特に、お早めに。

まずは上記のリンク先から、まずはSynapseの新規登録をします。 オンラインサロンはFacebookの非公開グループ上で運営されるので、Facebookアカウントは必須になります。

メールアドレスでも新規登録できますが、Facebookのアカウントを使用した新規登録のほうが手間が省けます。

f:id:coco-luck81:20161013012450j:plain

新規登録が済みましたら、再度synapse内のサロカリページからピンク色の部分をタップします。

f:id:coco-luck81:20161013012457j:plain

決済画面に移りますので、支払い方法をお選びます。

決済完了後、サロカリのFacebook非公開グループへ招待されますので、参加(審査あり)すると入会完了となります。

その後、情報交換やサロカリ利用までの流れは全てサロカリのFacebook非公開グループ内で行われます。パートナーサロン一覧から借りたいサロンのオーナーに希望日と時間をDMで送るだけでサクッと借りれちゃいます。

まとめ

使える人にはとても使えるツールだと思います。自分ならどう使うか、まずは頭の中でシミュレーションしてみるといいでしょう。 みなさんのビューティフルライフがより一層ワンダフルライフになりますように。

sharesalon-salokari.amebaownd.com