HIMAZINE

HIMAZINE

暇な美容師の奇行

美容師のぼくが社会人1年目で衝撃的だった3つのこと

こんにちは、KOH(@Luck81O)です。

 

今月で美容師歴が10年目を迎え、営業している場所も時間も情報を表に出さないくらいはのんびりとしているのですが、それはもうフルスロットルで働いていた時期もありました。なんだかんだ1日中仕事しない日を固定的に作ったのも今月が始めてですね。試験的にやっていますが、暇すぎて死にそうです。

 

美容師の社会人一年目といえば、暗黒なイメージを持たれがちですが、ぼくも同じく暗黒なイメージを持っていました。

 

本記事では、18歳で吉祥寺にある業界最後大手のヘアサロン(いちおう社名非公開)に就職したぼくが、実際に社会人1年目で衝撃的だった3つのことをご紹介します。

大手に就職を希望する美容学生の方や、1年目で既に転職を考えてる美容師さんのご参考になればと思います。

 

思いのほか楽チン

 

俺も#SNAP

KOHさん(@k0h_travel)がシェアした投稿 -

 

刑務所のような美容師ライフを想像していましたが、そんなことはありませんでした。

同社で就職前に3年間バイトでお手伝いをしていたこともあって、想像を絶する過酷さみたいなものはありませんでした。好きでやっているので疲労度としては遊びレベルでしたね。

なめてかかると痛い目を見るのかもしれませんが、身構えていただけに、ある意味衝撃でした。

 

金がない

 

お給料、全然悪くなかったんですよ。シェアハウス住まいで手取りで20万〜25万円くらいもらっていたので油断していたのですが、ハサミ買ったり、練習用のウィッグを買っていたら支払いが溜まりに溜まって...

しっかり払ったら給料日の翌日に¥2000くらいしか残りませんでした!!

収支のバランスはしっかりしないとダメですね。自己投資しすぎた結果なので後悔はないのですが、ひとには勧められませんね。

 

給料日翌日の口座残高は衝撃的でした。

 

時間がない

 

KOHさん(@k0h_travel)がシェアした投稿 -

 

休日なんてあってないようなイメージでしたが、やることやっていれば休日はしっかりありました。

なぜか自動車教習所に通っていたぼくはすべての休日を自動車教習に費やし、その結果、入社後しばらく休みがほとんどありませんでした。

 

社会人一年目を控えるみなさん。自動車免許は学生のうちに合宿でサクッと取得しましょう。免許取得後は毎週のように出かけていましたが、序盤は教習が忙しくて衝撃的でした。

 

最後に

社会人一年目で学んだことはとても大きかったです。スピード感ある日々だったので、いまだにスピード癖が板についていて、富士そば(関東のうどんそばチェーン)でのランチを2分で完了させることや、徒歩速度の速さはとても役に立っています。

全国会議での社長の話も、「いまは意味わからないかもしれないけど後で役に立つ」と聞いて、わけもわからず聞いていたら今になって大変役に立っています。

社会人1年目はまだギリギリ若くて頭が柔らかいので、吸収力があります。先輩に従ってみたり、反抗してみたり、経営陣にドヤってみたり、何やっても死なないし、だいたい可愛がられるので社会人1年目って最高ですよ。

上司からすると1年目っていうだけで可愛いので、ブスでも可愛がられます。

 

可愛いは正義。

 

地道力[新版] 目先の追求だけでは、成功も幸せも得られない!

地道力[新版] 目先の追求だけでは、成功も幸せも得られない!